チアシードはどうやって食べる?危険なのは嘘?栄養効果を辛口で評価!

効果があるチアシードの飲み方

スーパーフードで人気のチアシードは美容ダイエット効果がすごい話題

 

最近よく目にするチアシードだけれど、その栄養効果や正しい飲み方、危険(副作用あり)と言われる理由などを20代社会人の私がダイエット体験談をもとにご紹介します。

 

チアシードで朝食置き換えプチ断食ファスティングをしたら、ダイエット効果だけでなく、美容・美肌効果も実感できて幸せです!

 

断食ファスティングダイエットで美肌効果を実感した20代女性

 

私は元々アトピーで肌荒れがひどい状態でしたが、大学時代は一変して顔中ニキビだらけになって悩まされていました。当時は2か月で1万円もする高価なサプリメントを飲んでいました。

 

でもスーパーフードを取り入れたスムージーで朝食置き換えダイエットをした結果、現在ではファンデーションがいらないほど美肌になりました。しかも52kg→45kg(身長158cm)と体重は7kg減

 

チアシード(英字表記:Chia seed)とは、南米原産のシソ科の植物、チアの種で、古代マヤ・アステカ時代から食べられてきた奇跡の食材です。しかも「ヒトの生命維持には、チアシードと水があれば大丈夫なスーパーフード」といわれるほど栄養素たっぷり含まれているほどなんです。

 

具体的には、下記の栄養成分がつまっています。

 

・ビタミン
・オメガ3脂肪酸(α−リノレン酸)
・ミネラル(カルシウム、亜鉛、マグネシウム、鉄分)
・たんぱく質
・必須アミノ酸 8種類(9種類中)
→α-リノレン酸、オメガ3系の脂肪酸など
・食物繊維

 

以上のように日常の食事からはなかなか摂取することが難しい栄養素がチアシードに含まれています。しかもチアシードなら、水に入れて10倍に膨む性質を活かし、スムージーや酵素ドリンク、青汁と一緒に飲むだけだから、簡単に栄養素を摂取できるんです。
人によってはスープやサラダと一緒にチアシードを食べる人もいます。

 

最近では欧米スーパーモデルのミランダカーがチアシードを愛用していることでも話題を呼びましたね!日本の有名モデルだと、ローラもチアシードを日常の食事にとりいれています。

 

=>チアシードの栄養効果

チアシードの食べ方と危険な理由

チアシードは20代女性にオススメのダイエット食品

 

チアシードはオシャレなお店の料理やスイーツに、なにかと入っていますよね。でも、お店によっては正しい使い方をしていないことも。

 

そこで自宅でも美容・ダイエット目的で使う人のために、正しい食べ方と危険な理由をまとめました。

 

チアシードの特徴

1.水分を吸って10倍に膨れ上がる
チアシードは、水に浸すと10倍にも膨らみ、少量でも満腹感を感じられます。そのままのチアシードは硬いのですが、水を含んだチアシードは周りがゼリー状になってぷるぷるします。

 

ゼリー状の部分は、こんにゃくを形成している成分と同じグルコマンナンと呼ばれるものでできています。そのためチアシードは、便秘しがちな女性が特に不足している食物繊維をたくさん含んでいるのです。

 

食物繊維の含有率の高さは、大豆の2倍、玄米の8倍にもなります。食物繊維が多い食品って、繊維質があって少し食べにくいイメージがあるけれど、チアシードは撮っても食べやすいところも大きなメリットですね!

 

=>水で膨らむチアシード

 

2.味はほとんどない◎
たくさんの栄養素が入っていると苦手な味だったらどうしよう!と心配する人もいるのでは?でも、安心してください。

 

チアシードはほとんど無味に近いので、クセが全くありません。むしろプチプチの食感が快感でした。匂いもないから、どんな料理・飲み物にもあわせやすいんですね!

 

 

3.白か黒、どっちがオススメ?
黒いチアシードをよく見るけれど、実際には黒と白の2種類のチアシードがあります。白いチアシードはホワイトチアシードと呼ばれ、黒いチアシードよりも栄養価が高いのです。

 

=>チアシードの栄養効果

 

 

チアシードは危険なの?

チアシードって検索すると「チアシード 危険」「チアシード 副作用」と出てくることもありますよね。でも、これは心配性な人が検索しているだけで、正しい飲み方をすれば、チアシードに危険な要素は何もありません。

 

また、危険と言われてしまう理由は、一部の海外輸入品が原因でもあります。チアシードを購入する時の注意点をまとめました。

 

=>チアシードは危険?

スーパーフード人気ランキング

スーパーフード美容ダイエット体験談

 

チアシードやアマランサス、タイガーナッツ・・・数えたらきりがないほど多くの種類があるスーパーフード。本当に効果があるのは、どれか?日常の食事に取り入れやすい種類は?と、いろいろ疑問になる人も多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は美容ダイエットナビゲーター かりんが、オススメのスーパーフードをまとめました。栄養・ダイエット・美容効果などの観点から、コスパが良いスーパーフード比較ランキングです。

 

=>スーパーフードの比較ランキング

プチ断食ダイエットの体験談

スーパーフードを取り入れたファスティングダイエットで美肌になった20代女性

 

スーパーフードを使う断食ダイエットは、他のダイエット方法よりも楽して痩せられる女性が多いです。

 

でもファスティングダイエットの効果は、ダイエットを実感したことだけではありません。

 

アトピーやニキビで悩んでいた20代社会人の私がファスティングダイエットのおかげで、ファンデーションが不要になるほど”美肌”になったのです。

 

肌がきれいになった結果、毎日飲んでいた月1万円もするサプリメントを飲まなくても大丈夫になり、毎月の出費を節約できました。もちろん化粧品代も節約できたのがうれしいところです。

 

なぜ、私がここまで美肌になったかというと、「体内の貴重な酵素を使う量が減ったから」に他なりません。

 

今までの学校教育などでは「1日3食しっかり食べましょう」と言われていましたよね。栄養学的には「朝食を抜くと、エネルギーが出ない、昼食の吸収力が高まって太りやすくなる」と説明されています。

 

しかし、実際に私が朝ご飯を食べるのはやめて、フルーツスムージーに置き換えた結果、たった3か月で7キロ(52キロ→45キロ)も痩せて、美肌になったのです。これはまさに”論より証拠”といえるのではないでしょうか?

 

旧来の栄養学の本質を考えると、「食品の消費量を増やしたい」といった、企業側の思惑があるようにしか思えません。例えば、日本の全人口が「1日3食」から「1日1食」になってしまったら、飲食物の消費量が激減してしまい、企業の利益が下がるわけです。

 

だから「1日3食が健康の元」とうたい、私たちに食べることを強制しているとしか思えません。

 

また、食べる量を減らすことで消化に使う酵素を節約でき、その節約した酵素が肌や髪の毛の再生に使われるので、女性らしい美しい見た目になるのでしょう。

 

このように挫折しないレベルでの”プチ断食ダイエット”は、メリットがたくさんあります。

 

そこで今回は、当サイトをご覧いただいているあなたのために、プチ断食ダイエットを使ったメリット・デメリット、20代女性の私が体験したファスティングダイエットのやり方について詳しくご説明します。

ファスティングのメリット・デメリット

朝食置き換えファスティングダイエットを体験している30代社会人女性

 

女性に人気のファスティングダイエットですが、合う・合わないは誰にでもあるので、失敗しないためにも「メリット・デメリット」を知っておくことが大切です。

 

プチ断食のデメリット

1.昼・夜の実行は難しい

当サイトで「朝食置き換えダイエット」を推奨している理由は、断食を昼・夜に行うことは難しいからです。

 

なぜなら、会社員の方は昼は職場の人とランチをする場合が多いですよね。そんな時に自分だけスムージーを飲んでいたら、浮いてしまうわけです。また、夜は飲み会が多かったり、夜ご飯が軽いとお腹が空いて眠れなくなる可能性もあります。

 

 

2.慣れるまで時間がかかることも

今までは毎朝、しっかりと食事していた人がいきなりスムージーや酵素ドリンクだけに置き換えるのは時間がかかるでしょう。

 

ましてや「朝ご飯を食べないとお腹が空く」と思いこんできた人は、”実際にお腹が空いていなくても”朝ご飯を食べないだけで、「お腹が空いた」と錯覚してしまいます。

 

 

3.何かを購入する必要がある

作りたてのフレッシュスムージーを飲む場合はミルサー(ジューサー)が必要ですし、楽して朝食置き換えファスティングダイエットしたい人でも、酵素ドリンクや粉末のスムージーを購入する必要があるのです。

 

とはいえ、実際に購入してみて気がつくのは、「いつも食べていた朝食代」を考えると、ファスティングした方が長期的に見て節約できます。

 

 

プチ断食のメリット

1.忙しい朝に余裕が出る

プチ断食では朝食の代わりがスムージーだから、飲む時間は1分もかかりません。それと比較して、朝ご飯を食べるには10分以上かかるでしょう。

 

忙しい社会人にとって、朝の時間に余裕が出るのは助かりますね。

 

 

2.節約できる

最初に少しの出費はかかるものの、断食ダイエットを始めることによって長期的に見れば、節約できます。

 

具体例をあげると

・美肌になり、化粧品・スキンケア代を節約
・健康体になり、医療費を節約
・朝ご飯代を節約

など、あげたらきりがないほど節約できます。

 

特に美肌は女性にとってウレシイですよね!

 

 

3.楽して痩せられる

ダイエットというと「大嫌いな運動をしなくてはいけない」「我慢が必要」など、ネガティブなイメージがある人は多いはず。

 

でも朝食置き換えダイエットなら、朝ご飯を”おいしいスムージー”に置き換えるだけで、美肌効果やダイエット効果を実感できるんです。

 

今までこんなに簡単なダイエットがあったでしょうか?

 

それでは早速、私が実践した朝食置き換えファスティングダイエットの体験談をご紹介します。

 

 

朝食置き換えファスティングの体験談

朝食置き換え断食ダイエットで5キロ以上減量した10代の女子大学生

 

私が本格的に朝食置き換えダイエットを始めたきっかけは、酵素ドリンクとの出会いにあります。今まで、酵素ドリンクの話を聞いたことはあったけど、実際の効果は知りませんでした。

 

でも、友達が酵素ドリンクを毎日飲んだところ、食べる量が減ってダイエットできたという話を聞いて、私も酵素ドリンクダイエットを始めてみることにしました。

 

最初は、酵素ドリンクを豆乳や水で薄めて飲み、それなりの満腹感を感じましたが、思ったよりは効果を感じませんでした。そこで炭酸水に酵素ドリンクを入れて飲んでみたら、とても満腹感がありました。

 

酵素ドリンクの効果をそれなりに感じてはいたけれど、酵素ドリンクはガラス瓶に入っているのでゴミ出しが面倒くさかったり、毎月、5000円以上もかかったりして、デメリットがそれなりにあると思っていましたね。

 

そんな時に、粉末フルーツスムージーの存在を知り、飲んでみたところ、酵素ドリンクよりも美味しくて飲みやすかったです。しかも酵素ドリンクは1本5000円前後であることに対して、粉末スムージーは1袋3000円前後なので格安です。

 

その後はしばらく粉末スムージーを飲み、ダイエット効果を実感しました。

 

楽して簡単にダイエットできたのは良かったのですが、相変わらずニキビができたり、アトピーで肌が荒れていました。何か美肌になる方法はないかな?と思っていたところ、たまたまプロの資格を持つファスティングインストラクターに出会いました。

 

プロの話からすると、「本格的にファスティングダイエットしたいなら、生の野菜とフルーツで作った絞りたてのスムージがオススメ」とのこと。

 

早速、押し入れにしまってあったミルサーを出して、毎朝、バナナなどでスムージーを作って飲むことにしました。たしかに搾りたてのスムージーはめんどくさかったのですが、何よりも美味しくて続けられました。

 

しかもバナナを使えば、1日50円以下でスムージーを作れちゃうからとっても安い!その他には、グレープフルーツやオレンジ、りんごなどを入れて飲んでいます。また、たまには小松菜などの葉野菜を入れる時もありますね。

 

毎朝、搾りたてのフレッシュスムージーを飲んだ結果、月1万円の高級サプリメントを飲んでいた時よりも美肌になり、メイク時間も短縮できました。

 

朝食置き換えファスティングダイエットなら、お腹が空かないし、「断食=辛い」なんてこともありません。一般的に言われているような「準備食・回復食」などのめんどうくさい期間もいらないから、朝食置き換えファスティングは最高の断食方法だと実感しています。

 

楽して痩せたい!お金をかけずに美肌になりたい!という人は、今すぐ朝食置き換え断食ダイエットにチャレンジしましょう!